風俗は懐が深い

風俗の懐の深さについては、風俗を利用しているうちに身をもって知ることになりました。そのたびに風俗ってすごいなと思ったものです。

一番最近のそんな驚きは、妊婦専用風俗というものがあることでした。

私にとって妊婦さんとは、ちょっとしゃべるのも怖いようなほどの刺激してはならない存在だったので、風俗の対象にと考えることが頭になかったのです。妊婦といえばまさに母性の象徴ですから、確かに風俗嬢にそういう母の包容力を求める人にはまたとない存在なのかも知れませんが、ただただ発想がありませんでした。

そういうところに、妊婦さんがバイトで入っていることにも驚かされましたね。そもそもバイトしていいのかと、家でじっとしているべきではないかと。ビビりな私は思うわけです。

でもこれから子供を育てるにあたってのお金を稼ぐと思えば、需要があるのなら積極的に行くというのが現実なのかもしれませんね。よくよく調べてみると、妊婦さんといえどあまりじっとしすぎていてもよくないらしいですし、ちょっとの運動にはちょうどいいのかもしれません。

風俗の奥の深さがわかったところで、今度は自分が体験してみる番でしょうか。とはいえ妊婦専門風俗というのはなかなかの高級店のようなので、まだ私には早いところなのかもと思ったりもします。

驚きの女子大生

知人の女子大生の風俗バイト体験について書きたいと思います。彼女は黒髪に黒縁メガネ、そして髪型はおさげという絵に描いたような真面目な女性です。そんな彼女がある日突然豹変したのです。なんと、いくらオナニーをしても疼きが収まらなくなってしまいました。彼女は私にだけ心を開いていたため、想像を絶する勇気を振り絞って相談をしてきたのだと思います。きっかけは本人にも分からないようで、疼きが治まらず大学の講義に集中することができないと涙ながらに訴えてきました。

私も何とかしたかったのですが、協力をすると捕まってしまうような恐怖を覚えました。そうして考えていると、ある名案が頭に浮かんできました。「風俗でバイトをすればいいじゃないか」静かな私の部屋にその一言が響きました。彼女は顔を赤らめましたが、もはやそれ以外に良い方法がありませんでした。そうして彼女はソープでバイトを始め、私は時々彼女に会いにお店へ足を運びました。彼女を心配してというのは建前です。本音は彼女の小ぶりなおっぱいにむしゃぶりつくためです。

お客様として来店する私に嫌な顔一つせず、彼女は一生懸命奉仕してくれました。そうして一年が経過して、彼女の疼きは治まったようで安心しました。

性風俗で働くことでお金がたくさんもらえる

性風俗で働く理由は、人それぞれですがお金をたくさん欲しい人が多いですね。
性風俗は他の仕事よりもかなり高給です。
数時間働くだけで数万円稼げることもあるでしょう。

そのため、お金が欲しい人は手っ取り早くお金を手に入れることができるので性風俗で働いている人は多いですね。
何か目標があって性風俗で働く人もいます。
例えば、自分のお店が欲しいとかお金がかかる資格を取るために性風俗で働いているという人もいますね。

妊婦

勉強している人は、短時間で稼げるので助かるそうです。
他の時間を勉強などに当てることができるので、効率がいいそうです。

性風俗で働く最大のメリットはお金がたくさんもらえることですが、他にもありますね。
もともと人と接する仕事が好きな人や特殊な性癖がある人は適職といえるでしょう。
例えば、SM趣味のある人は自分の性癖を活かし楽しみながらお金をもらえるので楽しい仕事といえます。

また借金返済などで性風俗で働く人もいます。
お金が早く手に入るため、小さい子供や介護が必要な親の面倒もちゃんとみることが可能です。
性風俗の中には託児所がついているところもあります。

こうしたところに子供を預けて働けば、妊婦でも安心してバイトに励むことができます。

妊婦バイト母乳de高収入